クリエイターと企業のリンクステーション

ギャラリー・クリエイトのfacebookページへ行く「いいね!」お願いします!

2018-10-02

田沢ケン 山崎杉夫 信濃八太郎「NEWS」

2018年10月30日(火)-2018年11月04日(日)

田沢ケン 山崎杉夫 信濃八太郎「NEWS」

2018年10月30日(火)~ 2018年11月04日(日)
12:00~19:00 (最終日17:00まで)


田沢ケン 山崎杉夫 信濃八太郎

14回目を迎えるこの3人展、今年はNEWSをテーマにしました。
世の中、毎日たくさんのニュースで溢れています。
政治、スポーツ、スキャンダル…今のニュース、
歴史上のニュース、自分のニュース…
3人3様の視点で切り取ったそれぞれのニュースをご覧ください。

ギャラリー DAZZLE

〒107-0061
東京都港区北青山2-12-20 #101
TEL & FAX. 03-3746-4670
http://gallery-dazzle.com/
12:00 - 19:00 *最終日は17:00まで


2018-10-24

MAYA ブラッシュアップ講座 selection 二人展 久勝堂展 太田裕範展

2018年10月29日(月)-2018年11月03日(土)

MAYA ブラッシュアップ講座 selection 二人展 久勝堂展 
2018年10月29日(月)〜11月3日(土)

ブラッシュアップ講座を受講して学んだことを活かして
小説に潜む耽美世界をモノクロのイラストレーションで表現したいと思います。

1996年 マサ・モード・アカデミー 第9期 卒業
2011年 講談社“KENZAN!” vol.11まで 伊藤潤先生の “ 叛鬼 ” 担当
2015年 装画を描くコンペティション vol.15 入選
2016年 装画を描くコンペティション vol.16 最終選考
2017年 鈴木成一装丁イラストレーション塾(1~3月)参加
2017年 装画を描くコンペティション vol.17 入選
ブラッシュアップ講座 2017年10月~2018年3月 受講

MAYA ブラッシュアップ講座 selection 二人展 太田裕範展
2018年10月29日(月)〜11月3日(土)

ブラッシュアップ講座を受講して学んだことを活かして
小説に潜む耽美世界をモノクロのイラストレーションで表現したいと思います。

1978年大阪府生まれ。
大阪芸術大学デザイン学科卒。
大学卒業と同時にフリーとして活動開始。
「妖艶さ」と「儚さ」をテーマに、主に女性の表情、草木や風景のディテールを繊細に描き出すイラストレーションに取り組む。
主に広告のイラストレーション、雑誌やウェブページの挿絵、書籍装画など、幅広い表現分野において視覚表現を手がける。


2018-10-24

ギンザ・グラフィック・ギャラリー第369回企画展 日本のアートディレクション展 2018

2018年10月29日(月)-2018年11月22日(木)

ギンザ・グラフィック・ギャラリー第369回企画展
日本のアートディレクション展 2018
2018年10月29日(月)~11月22日(木)

日本のアートディレクション展 2018は、昨年までADC展として開催されていた、当ギャラリー恒例の企画で、広告・デザイン界で注目されているイベントのひとつです。今年より名称がかわり、日本のアートディレクション展 2018となりました。ADC(正式名称:東京アートディレクターズクラブ)は1952年に設立、日本を代表するアートディレクター80名により構成されています。
この全会員が審査員となって行われる年次公募展が日本のアートディレクション展 2018で、ここで選出されるADC賞は、日本の広告やグラフィックデザインの先端の動向を反映する賞として、国内外の注目を集めています。
今年度も、2017年5月から2018年4月までの一年間に発表、使用、掲載された約8,000点の作品の応募があり、ADC会員の3日間にわたる厳正な審査により、受賞作品と年鑑収録作品が選出されました。
ここで選び抜かれた受賞作品、優秀作品を、『Art Direction Japan/ 日本のアートディレクション 2018』刊行に先駆け、ggg[会員作品]とG8[一般作品]の2つの会場でご紹介いたします。


会場
ギンザ・グラフィック・ギャラリー (ggg) [会員作品]
2018年10月29日(月)-11月22日(木)

〒104-0061 中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル tel. 03 3571 5206
11:00a.m.-7:00p.m. 日曜・祝日休館 入場無料

クリエイションギャラリーG8 (G8) [一般作品]
2018年10月29日(月)-11月22日(木)
〒104-8001 中央区銀座8-4-17 リクルートGINZA8ビル1F tel. 03 6835 2260
11:00a.m.-7:00p.m. 日・祝日休館 入場無料

ギャラリートーク

日時:11月19日(月)18:30~20:00
出演:大貫卓也、服部一成、中村至男、吉田ユニ ※敬称略
会場:DNP銀座ビル3F
入場無料 要予約 先着70名

10月29日(月)11:00より申し込み開始いたします。


巡回

市立小諸高原美術館・白鳥映雪館(長野県小諸市)
2019年1月6日(日)-2月17日(日)

学びの杜ののいちカレード(石川県野々市市)
2019年4月4日(木)-5月7日(火)

構成
東京アートディレクターズクラブ

お問合せ
ギンザ・グラフィック・ギャラリー 担当:柳本 tel.03.3571.5206


2018-10-17

ペーパーレストラン2018- 紙の力・紙を使いこなしたアートの世界-紙(かみ)KAMIがおりなす花鳥風月

2018年10月28日(日)-2018年11月04日(日)

一般社団法人日本ペーパークラフト協会と株式会社オフ・クリエイト-クリ8は共催で「ペーパーレストラン2018- 紙の力・紙を使いこなしたアートの世界-紙(かみ)KAMIがおりなす花鳥風月」を、2018年10月28日(日)から2018年11月4日(日)までトッパン・フォームズ株式会社本社ビル一階ホールで開催いたします。
本イベントは一昨年の「KAMI神(GAMI)になった動物たち」昨年の「神代から尽きぬ月物語 尽きることの無い月への思い」に引き続き、「ペーパーレストラン 紙の力・紙を使いこなしたアートの世界展」の第五回として開催するもので、以下の三構成となっております。

1.21人のペーパーアーティストが「紙(かみ)KAMIがおりなす花鳥風月」をテーマにオリジナル作品を制作し展示する展覧会

出展作家(あいうえお順)秋山 美歩/ アクツ ユウト/ 阿部 奈津加/ 石川 日向/ オダカ マサキ
/ 北村 胡桃木/ 黒須 和清/ 佐倉 圭/ 高橋 孝一/ 高橋 洋一・高橋としえ/ 竹中 健志郎
/ 中村 凰伯/ 中山ゆかり/ 濱 直史/ 張江 真代/ 平塚 啓/ 古橋 恵美
/ 松本 康孝/ 山内 史子/ ともだ あやの/ 亘理 知之

<<特別展示>>「赤富士121」
3歳~10歳の子どもたち121人による共同制作。浮世絵などの伝統芸能を学びながら、
皆が作った作品を組み合わせて完成させた新しいスタイルのペーパー・モザイクアート
「赤富士121」
(協賛:K-ART SCHOOL)
期日 平成30年10月28日(日)~11月4日(日)
時間 10:00~18:00
最終日11月4日(日)は17:00終了 入場無料
会場 トッパンフォームズ汐留本社1階ホール 東京都港区東新橋1-7-3



2.前世みちびき画制作(有料・お申込み順13名限定)

前世みちびき画制作(有料)
日時 平成30年11月3日(土)13:00~19:00・11月4日(日)10:00~17:00 
人数・時間 13名限定申込先着順受付 お一人様45分(各自時間指定)
参加費 10,000円
会場 トッパンフォームズ汐留本社1階多目的ホール 東京都港区東新橋1-7-3

お申込み頂いた方の前世みちびき画から過去生を読み解きセッションを行います。
お申込み順13名限定。

中村凰伯プロフィール
(なかむら こうはく)

1958年 香川県生まれ。1991年から「紙神の世界」と称し、東西の神々を紙彫刻で表現、個展などで発表。
1999年 アート・オブ・ミッキーマウスに日本人アーティストとして参加。
2016年にみちびき画を始め、2年で2,000人達成、現在、3,000人を目指し描き続けている。

3.講演:神(紙)彫刻士 中村凰伯
「神彫刻と前世みちびき画」

日時 平成30年11月3日(土)10:30~12:00
講師 神(紙)彫刻士 中村凰伯
人数 定員80名(申込先着順受付)
参加費 無料
会場 トッパンフォームズ汐留本社1階多目的ホール 東京都港区東新橋1-7-3
中村凰伯プロフィール
(なかむら こうはく)
1958年 香川県生まれ。1991年から「紙神の世界」と称し、東西の神々を
紙彫刻で表現、個展などで発表。
1999年 アート・オブ・ミッキーマウスに日本人アーティストとして参加。
2016年にみちびき画を始め、2年で2,000人達成、現在、3,000人を目指し描き続けている。

.ワークショップ:子どもたちが創る
「ペーパー・モザイクアート花鳥風月」

特別展示の「赤富士121」を制作している技法と同じペーパー・モザイクアートで、
自宅に持ち帰って飾れる素敵な作品を作ります。
(協賛: K-ART SCHOOL)
日時 平成30年10月28日(日)11:00~12:00 / 15:00~16:00
対象 小学生以下(保護者同伴)
人数 各回定員30名(申込先着順受付)
参加費 無料
会場 トッパンフォームズ汐留本社1階多目的ホール 東京都港区東新橋1-7-3
いずれも詳しくは日本ペーパークラフト協会HPをごらんください。
日本ペーパークラフト協会HP特設ページ


2018-10-24

イラストレーション ウェーブ VOL.1 2018

2018年10月27日(土)-2018年11月04日(日)

イラストレーション ウェーブ VOL.1 2018

日程:
2018年10月27日(土)~2018年11月04日(日)

時間:
11:00-20:00

備考:
最終日18:00閉館

休み:
会期中無休

料金:
一般800円 / 65歳以上、高校生以下無料 ※障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名は無料、当日に限り出入り自由

会場:
1F メインギャラリー

日本を代表するイラストレーター
222人の作品が3331に大集結する。
これが日本のイラストレーションだ!

<<<<< 総合ディレクション:ヒロ杉山 / 企画構成:高橋キンタロー >>>>>


もういまは2018年だし、イラストレーションとグラフィックアートを分け過ぎたり、その違いを議論したりなんてことはあまり意味がない。違いは違いとしてあるが、そこにヒエラルキーはないからだ、ところで数年前に1人の画家がある都市に拠点を移した。その街では誰もイラストレーションとアートを区別することに興味がない。ただ関心を寄せた対象を思うように描くうち、彼女はイラストレーション的な立ち位置をごく自然に標榜し、作品世界は軽やかな広がりと有機的な連関をつくりだした。硬軟問わず気骨をもって、情熱を傾け愛さずにはいられないものや気になって仕方ない事象を、描くことにより図解する=イラストレーションという営為は、アートへのアプローチを「コンセプト」「コンテクスト」「マーケット」という3つの足枷から解き放ち、時にそれはより純粋でコアな創作を可能にする。本質に迫るといってもいい。それが2018年、現代のイラストレーションだ。
---------住吉智恵 アートプロデューサー/ライター

参加者
IC4DESIGN 青山タルト 赤池佳江子 浅妻健司 浅野みどり あずみ虫 東 逸子 姉川たく 網中いづる AYUMI TAKAHASHI 新井苑子 荒井良二 新目 惠 あわい 飯田 淳 飯野和好 いざわ直子 石川えりこ 石山好宏 板垣しゅん 井筒啓之 井筒りつこ 伊藤彰剛 伊藤桂司 いとう瞳 いぬんこ 伊野孝行 今井トゥーンズ 白尾可奈子 上路ナオ子 上田三根子 上田よう ウエノ★アモーレ★ヒロスケ 宇野亞喜良 浦野周平(Shu-Thang Grafix) えつこミュウゼ 遠藤拓人 えんどうゆりこ 大高郁子 大西 洋 大森とこ 小笠原 徹  小川かなこ 小岐須雅之 奥原しんこ 音部訓子 小渕もも 海谷泰水 影山 徹 加藤裕將 金子ナンペイ 河井いづみ 川上和生 川崎真奈 河野未彩 川村 易 河村康輔 川元陽子 管野研一 管弘志 木内達朗 北澤平祐 北沢夕芸 北住ユキ 北谷しげひさ 北見 隆 北村 治 北村ケンジ 北村 人 橘田幸雄 木原未沙紀 木村晴美 国井 節 久保周史 久保誠二郎 くまあやこ 熊井 正 久村香織 黒田愛里 黒田 潔 KUNTA 近藤圭恵 サイトウマスミ 斉藤美奈子ボツフォード サイトウユウスケ 阪口笑子 坂口友佳子 さかたしげゆき 坂本奈緒 櫻井砂冬美 佐々木悟郎 笹部紀成 ささめやゆき 佐藤香苗 佐藤邦雄 佐藤昌美 sanoooo Jennykaori 七戸優 信濃八太郎 篠崎三朗 霜田あゆ美 下村 勝 JUN OSON 城芽ハヤト 白根ゆたんぽ しりあがり寿 Sui Yumeshima スージー甘金 スガミカ 須川まきこ 須田浩介 赤 勘兵衛 五月女ケイ子 空山基 高橋キンタロー 高橋 潤 竹井千佳 田尻真弓 田島征三 田代 卓 多田景子 建石修志 田名網敬一 谷口広樹 田村映二 タムラフキコ タラジロウ 丹下京子 チカツタケオ 辻 恵子 土谷尚武 都築まゆ美 tupera tupera 寺田克也 寺本愛 天明幸子 唐仁原教久 時吉あきな とどろきちづこ 戸屋ちかこ とんぼせんせい 永井博 永井もりいち 中川 学 長野 剛 ナガノホナミ 長場 雄 中村幸子 中村 隆 薙野たかひろ 西口司郎 西山寛紀 二宮由希子 野村俊夫 鴻 奈緒 長谷川慶子 長谷川洋子 秦 直也 初谷佳名子 花くまゆうさく 早川モトヒロ 樋口たつの 日端奈奈子 平井豊果 平澤一平 ヒロ杉山 廣中 薫 ヒロミチイト face 福井真一 藤井桜子 藤井紗和 藤居正彦 舟橋全二 古川タク 古谷充子 ほししんいち 堀内結 マスリラ 松井有希 松倉香子 松本孝志 真鍋太郎 真々田ことり 丸山一葉 丸山誠司 micca みずうちさとみ 水上みのり 水口理恵子 水沢そら ミック・イタヤ 南 伸坊 ミナミタエコ 峰岸達 ミヤギユカリ ミヤタチカ 村井和章 もとき理川 本 秀康 森 邦保 モリスン YASUNARI AWAZU 矢吹申彦 山口はるみ 山口マサル 山崎綾子 山下以登 やまぞえみよ 山田博之 山本重也(Shige) 山本由実 ユムラタラ 吉岡里奈 吉實 恵 Rockin'Jelly Bean 若林 夏 渡辺 宏 渡辺浮美生 渡辺リリコ わたべめぐみ

―――――――――

◆10/30(火)トークセッション:ヒロ杉山他 18:30~
◆11/1(木)トークセッション:千原徹也(れもんらいふ)他 18:30~
※1Fラウンジ/WAVE展当日チケットでご入場いただけます

―――――――――


日本のイラストレーションは70年代、80年代に、欧米諸国のイラストレーションとは違った
日本独自のスタイルで広がっていきました。ヘタウマという概念も生まれ、イラストレーションは
大きなブームとなりました。そして今、また日本のイラストレーション界が、大きく動き出そうと
している予感があります。日本のイラストレーションの本当の魅力を、この展覧会で世の中に
プレゼンテーションしたいと考えています。
--------- ヒロ杉山(本展ディレクター)

主催・運営
ILLUSTRATION WAVE 展実行委員会
illustrationwave@gmail.com

協賛
株式会社アマナイメージズ カゼプロ株式会社 株式会社ケンエレファント 猿田彦珈琲 宝塚大学東京メディア芸術学部 
デザインボーイ株式会社 トーキョーカルチャート by BEAMS FLATLABO

協力
有限会社ヴィジョントラック

3331 Arts Chiyoda
〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14

東京メトロ銀座線末広町駅4番出口より徒歩1分
東京メトロ千代田線湯島駅6番出口より徒歩3分
都営大江戸線上野御徒町駅A1番出口より徒歩6分
JR御徒町駅南口より徒歩7分
JR秋葉原駅電気街口より徒歩8分
JR御茶ノ水駅聖橋口より徒歩15分