クリエイターと企業のリンクステーション

ギャラリー・クリエイトのfacebookページへ行く「いいね!」お願いします!

2015-01-12

山本温個展「木版画 懐かしの風景」

2015年01月16日(金)-2015年01月21日(水)

01/16(金)→ 01/21(水)

山本温個展「木版画 懐かしの風景」

月島、佃、築地、浅草、上野、三ノ輪、
勝どき、東京タワー。小樽、十日町、
渋温泉、別所温泉、養老渓谷、下田、
京都、高松、松山、式根島。


HBGallery(HBギャラリー)
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-5-4原宿エノモトビル1F
TEL・FAX 03-5474-2325
URL http://www.hbc.ne.jp/
11:00~19:00(最終日のみ17:00まで)


2015-01-06

寺門孝之展覧会「ANGELJAPAN EYE EYES」

2015年01月12日(月)-2015年01月24日(土)


寺門孝之展覧会「ANGELJAPAN EYE EYES」

2015年1月12日(月)〜24日(土)

日曜日は休廊です。御注意ください。
初日夕刻ささやかながらレセプションパーティを予定しております。どうぞ御参集ください。

人の瞳を覗きこむとそこに小さな天使がこちらを覗いていて・・・わたしたちのくらすこの日本から、真新しい天使像を思い浮かべる寺門天使画の最前線、新春にふさわしい天使の絵ばかりの展覧会です。
(アクリル、水彩による新作天使画、約24点を展示販売いたします。)



ピンポイントギャラリー
107-0062 東京都港区南青山5-10-1二葉ビルB1F
OPEN HOURS
定休日 : 日曜日 祭日は平常通り
営業時間 : 11:00〜19:00 土曜日は17:00まで
電話:03-3409-8268 FAX : 03-3498-5978 
メール:pinpoint@pinpointgallery.com


2015-01-06

「日本の郷土玩具」連動企画 佐々木一澄個展「集めたり 描いたり」

2015年01月09日(金)-2015年01月14日(水)

「日本の郷土玩具」連動企画
佐々木一澄個展「集めたり 描いたり」
2015年1月9日(金)-14日(水)

ショップで開催する「日本の郷土玩具」の連動企画展です。
ショップで販売する玩具の絵, 過去に描いた玩具の絵, 作り手の絵の他,
自分が蒐集した郷土玩具の一部も展示いたします。
皆様のご来場を玩具とともにお待ちしています。

プロフィール
1982年東京生まれ。 多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。
第146回、168回ザチョイス入選。
雑誌、書籍、絵本などの仕事を中心に活動中。
趣味は郷土玩具(特に伝統こけし)蒐集。

OPAギャラリー
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-1-23.1F
TEL 03-5785-2646
E-Mail opa_gs@yahoo.co.jp
Open:11:00-19:00(最終日17:00まで)
Close:Thursday


2015-01-06

久保田美穂個展「Life」

2015年01月09日(金)-2015年01月14日(水)

01/09(金)→ 01/14(水)

久保田美穂個展「Life」

Opening Party 1/9(金) 18:00~20:00

HBギャラリーでの初めての個展です。
みんなのいろいろな生活。その中の
何気ない時間が、とても幸せだったり
します。その雰囲気が作品から伝わる
と嬉しいです。

HBGallery(HBギャラリー)
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-5-4原宿エノモトビル1F
TEL・FAX 03-5474-2325
URL http://www.hbc.ne.jp/
11:00~19:00(最終日のみ17:00まで)


2014-12-26

第341回企画展 浅葉克己のタイポグラフィ展「ASABA’S TYPOGRAPHY.」

2015年01月09日(金)-2015年01月31日(土)

第341回企画展
浅葉克己のタイポグラフィ展「ASABA’S TYPOGRAPHY.」

2015年01月09日(金)~2015年01月31日(土)

ギンザ・グラフィック・ギャラリーの2015年は、今や日本国内のみならず世界中からの信望厚いアートディレクター、浅葉克己氏の「ASABA'S TYPOGRAPHY.」で幕開けです。
  さまざまな事物や人物に対する並々ならぬ好奇心と、一度決めたら文字通りとことんやり続けるしつこさで、多領域にわたる表現活動を繰り広げる浅葉氏。本展では、その活動の根幹を支えるタイポグラフィを主軸に、コラージュや掛け軸などの新作をはじめ、ポスターはもちろん、2008年21_21 Design Sight「祈りの痕跡。」展で大々的に発表された日記のその後、などを紹介します。
  長いデザイン人生を経てもなお、次から次へと湧き起こる、尽きることを知らない創作への探求心。そして新たな表現への挑戦。gggという限られた空間では、数え切れないほどの作品の中から浅葉デザインのほんの断片しかお見せすることはできませんが、2015年現在の浅葉克己の居るところが見えてくる展覧会、それが「ASABA'S TYPOGRAPHY.」です。

会場

ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)    
〒104-0061 中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル 
Tel. 03-3571-5206
11:00am- 7:00pm (土曜日は6:00pmまで) 
日曜・祝日休館
入場無料

ギャラリートーク

日時:2015年1月23日(金) 6:30 - 8:00pm
出演:浅葉克己×大日本タイポ組合
会場:DNP銀座ビル3F
入場無料 要予約 先着70名

※参加申込は2015年1月9日(金)11:00amより当サイトにて開始いたします。

浅葉克己

アートディレクター

1940年神奈川県生まれ。桑沢デザイン研究所、佐藤敬之輔タイポグラフィ研究所、ライトパブリシティを経て、75年浅葉克己デザイン室を設立。以後アートディレクターとして、日本の広告デザインの歴史に残る数多くの作品を制作。代表的な仕事に、西武百貨店「おいしい生活」、サントリー「夢街道」、武田薬品「肉体疲労にAじゃないか」、キリンビバレッジ「日本玄米茶」パッケージデザインなど。中国に伝わる生きている象形文字「トンパ文字」に造詣が深い。日宣美特選、東京TDC賞、毎日デザイン賞、日本宣伝賞・山名賞、日本アカデミー賞最優秀美術賞、紫綬褒章、東京ADCグランプリ、旭日小綬章など受賞歴多数。東京TDC理事長、東京ADC委員、JAGDA会長、AGI(国際グラフィック連盟)日本代表、桑沢デザイン研究所10代目所長、東京造形大学・京都精華大学客員教授。卓球6段。