クリエイターと企業のリンクステーション

ギャラリー・クリエイトのfacebookページへ行く「いいね!」お願いします!

2021-04-20

太田大輔絵本原画展

2021年05月17日(月)-2021年05月22日(土)

太田大輔絵本原画展

2021年5月17日 (月)~5月22日(土)

open hours: 12時~19時 土17時まで
※初日5/17のみ14時~19時



講談社より発売されている、江戸大型絵本シリーズ「絵本江戸のまち」(2017年5月刊行)「絵本江戸のたび」(2019年11月刊行)に続いて「絵本江戸のくらし」が今年5月に刊行されます。こぐま社の「日本のこわい話」の原画と合わせて展示します。

同時にオリジナル水彩画「江戸の愉快な妖怪達」と手染めオリジナル手拭いを展示販売いたします。

江戸一色の展覧会をお楽しみください!

ピンポイントギャラリー
150-0001 東京都渋谷区神宮前5−49−5 Rハウス

電話 : 03-3409-8268
FAX: 03-3498-5978
MAIL: art@pinpointgallery.com

営業時間:12:00-19:00 土曜日は17:00まで 
展覧会初日のみ14:00から
定休日 : 日曜日


2021-04-20

石黒亜矢子展

2021年05月17日(月)-2021年05月29日(土)

石黒亜矢子展
2021年5月17日(月)〜5月29日(土)

「ちいさなねこちゃん展」+こねこのきょうだいかぞえうた原画展
日曜休廊/土曜、最終日は17時まで。

◎ギャラリーハウスmayaよりご案内
初日17日(月)のみ事前予約制とさせていただきます。
現時点では初日以外はご予約なしでお出かけいただけますが、混み合った場合は入場制限させていただき、少々外でお待ちいただくこともあるかもしれません。
小さなギャラリーですので、ご理解とご協力をいただけますようお願いいたします。
皆さんに石黒さんの展覧会を安心して愉しんでいただけるよう、引き続き工夫してまいります。
情報は更新することがありますので、MAYAのSNSで合わせてご確認いただけたらと思います。
Twitter
instagram
facebook

◯ご予約は、4月27日(火)13時より承ります。
galleryhousemaya@gmail.com

メールにて以下をお知らせください。
・メールの件名:石黒亜矢子展予約
・お名前(フリガナ)
・予定人数(1メールにつき2名様迄。お2人の場合は御同伴者のお名前もご記入ください)
・お電話番号(当日ご連絡可能な番号でお願いします)
・ご希望の時間(11:30から30分単位で、最終受付は18:30)
第一、第二、第三希望までお知らせください。

ご希望の時間のご予約がとれない場合もあります。
メールには必ず折り返しご連絡をさせていただきますが、こちらから返信がない場合は何らかの手違いの可能性もありますのでご連絡ください。
また、営業時間外のメールには、すぐにご返答できない場合もありますのでご了承ください。


2021-04-28

野見山響子個展「図書室の山羊」

2021年05月14日(金)-2021年05月19日(水)

野見山響子個展「図書室の山羊」
2021年5月14日(金)ー 5月19日(水)

ある日、古びた屋形の図書室に現れた山羊の話、
夏の夕暮れ、主人を迎えにやってくる犬の話、
地下に設けられた遺失物集積所、など
少し奇妙な物語と絵の展示です。

OPAギャラリー
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-1-23.1F
TEL 03-5785-2646
E-Mail:opa_gs@yahoo.co.jp
URL:http://opagallery.net/index.html
11:00-19:00(最終日のみ17:00まで)
休廊日:木曜日


2021-04-20

大河紀個展「地鳴る絵画」

2021年05月14日(金)-2021年05月19日(水)

大河紀個展「地鳴る絵画」
2021年5月14日(金)― 5月19日(水)


知らない言葉の土地に行くのが好きだ。
入ってくる音は耳を撫でるだけ。空を
越えるのが難しくなって、地面を見つ
め直さざるを得ない。この地面を愛し
たい。今日も地面の声がでかい。

HBギャラリー
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-5-4原宿エノモトビル1F
TEL & FAX 03-5474-2325
URL http://www.hbc.ne.jp/
11:00-19:00(最終日のみ17:00まで)


2021-05-07

田中一光 The POSTER 展

2021年05月13日(木)-2021年05月29日(土)

田中一光 The POSTER 展

最初期から晩年までの代表作 155点でデザイン創造の本質を展観

会期:2021年5月13日(木)~5月29日(土)
会場:多摩美術大学アートテーク
入場無料 開館時間10:00~17:00 日曜休館

デザイン史に輝く普遍性があり、
日本的であると共に国際性をもつ
田中一光の最初期から晩年までの代表作
155点でデザイン創造の本質を展観


世界的なグラフィックデザイナーとして活躍した田中一光の作品による多摩美術大学ポスターコレクション第2回展です。最初期から晩年までの、高い格調や品位のあるという言葉がふさわしい名作をオリジナルで展観します。シルクスクリーン印刷や特色オフセット印刷によって定着された、完成度の高い、グラフィックデザインならではのクオリティと醍醐味を実感できる貴重な機会です。そして展覧会記録集を年内に刊行予定です。


田中 一光(たなか いっこう)1930–2002
1930年1月13日、奈良市生まれ。50年京都市立美術専門学校(現・京都市立芸術大学)図案科卒業。鐘淵紡績、産経新聞社、ライトパブリシティを経て、60年日本デザインセンター創立に参加。63年田中一光デザイン室を主催。65年「グラフィックデザイン展〈ペルソナ〉」を仲間達と開催。東京オリンピック、大阪万博、沖縄海洋博等のイベントで活動の領域を拡げる。75年西部流通グループのクリエイティブディレクターに就任。80年無印良品の企画立案に参画。ギンザ・グラフィック・ギャラリー、ギャラリー・間など、多くのクリエイターの発表の場に関わる。紫綬褒章、朝日賞、ADC最高賞、亀倉雄策賞等、国内外での受賞多数。文化功労者。